Nuts About Papillon!!

我が家のらぶりぃな10パピ 『Nuts About Papillon!!(パピヨンに夢中!!)』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お坊さんって

 早いもので、祖父が亡くなって6週間(いわゆる六七日)
来週は49日です。
母と二人お経をあげてもらいにお寺にいきました、
5年で祖父母4人を亡くし、今まで縁の無かったお経を聴く機会が増えた訳ですが、


そこで気がついたことが・・・
harada家も母の実家も浄土真宗、
もちろんお経は同じです。
今までは父方のお寺の大先生のお経を曽祖父、叔母のお葬式に聞いたくらいだったのですが、
数年前に鹿児島の西本願寺でお坊さんをしていらっしゃった息子さんが(若先生)後を継ぐ為に帰っていらっしゃっいました。
初めて若先生のお経を聴いた時、
わ~お経って歌みたい!!と思ったのです、(やっぱちゃんと修行した人はちがうわ)
今まで聴いてた大先生のお経はなんだったんだ~?

でもまだ大先生のお経は良いんです、
母方の祖父が亡くなった時、また別のお寺の檀家なので、そちらの住職の娘婿さんが(後は息子さんが継ぐようです)お経をあげて下さったのですが!!
ものすごーくへた!!
それはもう一生懸命、真冬なのに汗をびっしょりかいてあげてくださるんですが、変なところで息継ぎはするし、音程はおかしいし、
お通夜だと言うのに噴出しそうだったり、こけそうだったり・・・
三部教は拷問でした(笑)

お坊さんは歌の勉強した方が良いわ、と思いましたね。
実際仏教の大学はコーラス部が盛んらしいですしね。

話は戻って
若先生、丁寧なのはいいんですが、
今日は忙しいのに長すぎた~
「若い人がいらっしゃってるので、判りやすい日本語(漢文ではないと言う意味)のお経にしてみました」ですって、
もう何度も聴いてるんですけどね・・・

内野聖陽さんにぜひお坊さんの役をやってお経を詠んでいただきたいと思う今日この頃でした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blan.blog7.fc2.com/tb.php/359-3e9f41b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。