Nuts About Papillon!!

我が家のらぶりぃな10パピ 『Nuts About Papillon!!(パピヨンに夢中!!)』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと!?びっくりデヴィ夫人

 ドルフィンポートで催されたイベントに行ってきました。
いつもは車で行く鹿児島市内、
今日は桜島に車を停めてフェリーで行ってみました。
大人一人150円、わんこ連れでもな~んにも言われることなく(一応前もって電話で聞いておきましたが)乗船15分で到着、
ドルフィンポートは桜島桟橋から歩いていける距離でした。

≪鹿児島港に停泊中の帆船海王丸、帆が開いてないのが残念≫
fb.jpg



 会場には結構犬連れの方も多く、洋服やリード、カラーの出店も出ていました、子犬即売会もやっていました。
ちょっと笑っちゃった会話が
「ウォシュレットと同じ値段の子犬が売ってるよ!」でした
ウォシュレットと同じ値段って・・・ほかに比べる物なかったのかな~

子犬の展示の中に、1月号の愛犬の友に載っていた鷹版犬(ユンバンチェン)が数頭いたのですが、鼻ぺちゃ系があんまり好みではない私も可愛いなと思いました。

 鷹版犬
fc.jpg


 2時からドッグショーというので、待っていたらなかなか始りません、
やっと準備が出来て、審査員の紹介
なんと驚き!?デヴィ夫人でした。
なんだかみんなぽか~んとしていました、そりゃそうよね、いきなりデヴィ夫人が審査員じゃ・・・

ドルフィンポート2階から歩いて会場入りしたデヴィ夫人、いや~さすがにお綺麗でした、写真は撮らせてもらえませんでしたので、この後の写真はありません。
 
審査はというと、プードル、フレンチブル、ペキ、チワワ各5頭程度を触診、歩様を見た後1頭づつピックアップして、小型を10犬種程度を並べ、その中から4頭、中型犬種を並べ2頭、大型犬種から3頭、計9頭から3頭さらに最優秀賞で1頭を選ぶという審査方法でした(しかも♂♀一緒)
とても丁寧に、真剣に選ばれていたのがとても印象的でした。
それもかなりこだわりがおありで、涙やけのマルチーズはダメ、やせ気味のフレンチもダメ、産後みたいなミニピンもだめ、結構お気に入りだったイタグレモも歩かないからダメ、という感じで、最終的にはヨーキーを選ばれ、たいそう気に入られて様子で連れて帰りたいと仰ってました。(冗談でしょうが)

その後、トークショーとなったのですが、内容はというと、
動物愛護の訴えと、ご自身が会長をおつとめのユンバンチェンの宣伝だったようです。
結局最後まで見てしまいました、あはは。

 山形屋にちょこっと用事があったので、亜月と千毬をバックにないないしてダッシュでお買い物を済ませ、またフェリーで帰りました

≪フェリー上にて 千毬≫
fd.jpg

 
≪溶岩のある桜島の公園≫
fe.jpg


≪ビーチにて≫
ff.jpg

 
 垂水の道の駅で足湯に浸かって帰りました♪
≪足湯  千毬と私の足(笑)≫
fg.jpg

スポンサーサイト

コメント

行ったんですね~
入場料とかが高かったのとかって、
デヴィ夫人がいらっしゃるから?とか思ってました。(笑)

  • 2006/04/24(月) 09:11:24 |
  • URL |
  • ange #Tp4lmc62
  • [ 編集 ]

デヴィ夫人

と聞くと、どうしても反応してしまいます(笑)

なかなか楽しいイベントだったんですね
足湯、気持ち良さそう♪

  • 2006/04/24(月) 19:07:11 |
  • URL |
  • chita #9L.cY0cg
  • [ 編集 ]

デビ婦人

見てみたかったなぁ~
なかなか楽しそうなイベントですね。

  • 2006/04/24(月) 23:08:45 |
  • URL |
  • あんず #-
  • [ 編集 ]

angeさん
 入場料は無料で、ドッグショーの出陳料が2000円でした。
しかも、なんかごたごたしたらしく、当日の申し込みは出来なかったそうです。

chita さん
わたしは”でび”と言う名前に縁があるのでしょうか(笑)
足湯気持ちよかったですよ~
桜島が良く見えるのですが、残念ながら桜島方面に夕日があって、写真は逆光でシルエット写真になってしまいました。

あんずさん
 デヴィ夫人お綺麗でしたよ~
28日行けるよう努力します(笑)

さて車で行くか、フェリーで行くか・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blan.blog7.fc2.com/tb.php/303-efd1d209
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。